ART-SERIES

UNDERTAKER

グラフィックは様々な方面で絶大な評価を得ているコラージュアーティスト“河村康輔”とのコラボレーションモデル。

浅いウェーブのオリジナル形状「MODI“M”CAMBER」を採用したことで、エッジのコンタクトポイントにかかる負担を軽減。
雪面をしっかり捉えるエッジッングと抜群の操作性を兼ね備え過剰なストレスを感じることなくファンライドできる。

SNOWBOARD FIELD&FLEX

flex_undertaker.png

SPEC151015401570
RUNNING LENGTH 1105 1135 1165
EFFECTIVE EDGE 1125 1155 1185
NOSE/TAIL LENGTH 200 / 185 200 / 185 200 / 185
NOSE/TAIL WIDTH 288 / 288 291 / 291 294 / 294
WAIST WIDTH 248 251 254
STANCE RANGE 470 - 590 490 - 610 510 - 630
SET BACK 0 0 0
SIDECUT RADIUS (m) 10/7.2/10 11.5/ 7.5/11.5 12.5/ 7.8/12.5

CAMBER DESIGN

tec_bst_authen.png

MODI “M” CAMBER

今期新しくリリースされたオリジナル設計のモディ・エム・キャンバーは、スタンダードなキャンバーのセンター部に、浅いウェーブを入れモディファイ。
エッジのコンタクトポイントにかかる負荷を軽減させ、圧雪バーンではコントロール性を保ち続け、新雪での過剰なレスポンスを感じることなくファンライドできる形状です。

WOOD CORE

tec_core_unitive_for_und.png

UNITIVE CORE

軽さと強度が異なる2種類のコアをブレンド。
ボード全体にライトポプラを、エッジ周りにはスタンダードポプラを配置することで、エッジングのブレやズレを軽減し、グリップ力とコントロール性が上がる効果があります。
ベンドごとの特性に合せ設定を調整し、あらゆるシーンのライディングパフォーマンスを最大限に引き出してくれます。

CORE PROFILE

tec_corepro_wave01.png

WAVE FORM-1

キャンバー型に合わせたコアプロファイリングに調整されています。

BASE

tec_base_premium.png

PREMIUM RACING BASE

分子量の高い高密度で成型されたプレミアムレーシングベ−スは、耐久性に優れ、驚くようなスピードを約束してくれるでしょう。

TIP TECHNOLOGY

tec_tip_flex.png

FLEXIBLE THIN TIP

ティップを薄くすることで、軽量化は勿論、パウダーでの浮力や取り回しの良さに加え、トリック時のスピン系でスィングウェイトを軽減する効果があります。

FIBER GRASS LAMINATE

tec_fiber_liten.png

LITEN

スタンダードグラスを0度とライトグラスを90度でバランスよく配列されたファイバーグラス。
ジブやパークに最適なトーションとフレックスを実現しました。色々なシーンでのパフォーマンスを一歩先へと導いてくれるでしょう。

CARBON STRINGS

tec_carbon_double.png

V2 CARBON STRINGS

足下からテール、ノーズ方向へ延びたカーボン・ストリングスは、踏み込んだ力をボード本来に備わった反発力にプラスされ、従来より高いオーリーが得られるとともに、横方向へのパワーロスが少なく、ルーズなノーズとテールのエッジワークもサポートしてくれます。